多軸アタッチメント K型(丸型)

概要

高い精度と剛性をもち、制度寿命が永く、重切削用として広く利用されています

特徴
  • ロアーボディ、中間ボディは治具ボーラーで加工しており、高精度で、剛性にも優れます
  • 防塵機構の安全型になっています
  • ボール盤、ドリルユニット、タップユニット、専用機に適し、フランジ取り付け型もあります
  • オプションでブラケットとガイドバーを取り付けることで、横方向での前進精度が向上します
  • ワーク別にヘッドを準備しておけば芯出しの必要がなく、クイックチェンジ機構をつければ容易にヘッドの交換ができます
  • 潤滑機構としてグリスを採用していますが、オプションでオイルバス方式に変更することもできます
  • 段差のあるワークでも、増長軸を使うことで加工できます
ラインナップ

本体外径寸法はφ100からφ500まであり、2軸間ピッチは8.5mmから400mmまで対応しています

詳細はカタログPDFをご覧ください

K型 ブラケットなし
k_normal
K型 ブラケットあり
k_mimi