現在の位置

HOME 製品情報 多軸用ユニット MQT クイル式タップユニット > MQT型 概要

MQT型 概要

特長

  1. MQTユニットはクイルタイプにして主軸端にマスタースクリュー及び雌ネジが取り付けてあります。主軸一回転に付きマスタースクリューの1ピッチが前進して正確なネジ立てが出来ます。前進端のLSにてブレーキが働き急停止、直ちに逆転、後退してLSにて原位置にとまります。
  2. 各型式の数値はタッピングマシンのネジ立て能力に相当します。
  3. 軸数とタップ径により、モーター出力を変更できます。
  4. 主軸回転が300min-1以下の時は特別注文により減速機モーターを使用します。
  5. 伝動プーリーの直径が大きくなりますと本体下面より、はみ出しますから、本体下面に適当なライナーを敷いてご使用下さい。
  6. ご注文の場合、水平、垂直取り付けの別をご指示下さい。
  7. フィードユニットと併用する場合もあります。この場合フィードユニットは早送り、早戻りのみに使用します。
  8. マスタースクリュー方式のため、軸方向のフローティングがいりません。

MQT型ユニットと多軸アタッチメントの組合せ

MQT12型 → K90
MQT-12 多軸アタッチメント K型
MQT型式説明
MQT12+K90
多軸アタッチメントK型と
MQT-12型

MQT型ユニットと多軸アタッチメントの組合せ

G型 K型 MQT12型
G型→ K型→ MQT型

多軸交換式ユニット

MQD交換式