現在の位置

HOME 製品情報 多軸用ユニット MQD クイル式ドリルユニット > MQD型 概要

MQD型 概要

特長

  1. 多軸ヘッドを取り付けた場合にクイル径が特に太く、剛性があるため、前倒れが極めて少ないユニットです。
  2. 各型式の数字は穴明け能力に相当します。
  3. 軸数とドリル径によりモーター出力を変更できます。
  4. 主軸回転数が300min-1以下の時は特別注文により減速機モーターを使用します。
  5. 伝動プーリーの直径が大きくなりますと本体下面よりプーリーカバーがはみ出しますので、本体下面に適当なライナーを敷いてご使用下さい。
  6. ご注文の場合、垂直、水平取り付けの別をご指示下さい 。
  7. フロートコントロールバルブにより、切削送りが無段階に調整できます。
  8. 多品種少量生産には多軸ヘッドのクイックチェンジタイプが最適です。

MQD型ユニットと多軸アタッチメントの組合せ

MQD-22 → type_k
MQD-22 多軸アタッチメント K型
MQD-22説明
MQD22+K型
多軸アタッチメントK型と
MQD-22型

MQD型ユニットと多軸アタッチメントの組合せ

G型 K型 MQD-22
G型→ K型→ MQD型

多軸交換式ユニット

MQD交換式