現在の位置

HOME 製品情報 その他の機械 損紙断裁装置 > ロールスプリッター動作説明

ロールスプリッター動作説明

動作説明1
  • ロール芯管に芯棒を挿入します。

  • ハンドパレット トラック (手動式台車)のハンドルを 操作して、機械を所定の場所に移動します。

  • ハンドパレットラックのハンドル内のコントロールレバーをゆっくり握って、機械を静かに下降させてください。

  • ハンドパレットトラックはロールスプリッター標準添付品で 本機にボルト締めして固定されています。
動作説明2
  • 電源を入れると 電源ランプ、着座確認ランプが点灯します。

  • 油圧装置のスイッチを入れアームを下降させます。

  • 左、右フックのU部奥に芯棒がハマっているか確認します。 注) フックを芯棒に強くハメ込むと機械前部が持ち上がります。

  • そして カッタ?前進ボタンを前に倒すと断裁が始まります。( 早送りボタンを押すと早送りになります )

  • 前進ボタンを押し続けると前進し、離すと自動で後退します
動作説明3
  • 断裁途中です。

  • 断裁カッターはロール紙より、斜め下に向かって進んでいます。

  • 凸状の複数のカッター(4?5枚)が巾方向に往復(レシプロ)し、ロール紙を押し広げながら効率よく断裁します。(PAT.P)
動作説明4
  • 断裁された紙は自重でカッターより 順次 離れていきカッターにかかる負担を減らしています。

  • 芯管近くまで断裁したら、カッター前進ボタンから手を放すと前進は止まり、カッターは自動的に後進します。
動作説明5
  • アームを上昇させ芯棒を抜き取ります。

  • 油圧装置のスイッチを切ります。

  • 操作箱内のメイン電源を切ります。

  • 断裁は終了しました。

  • 6番、7番の写真は圧着ロール紙 3ロール一括断裁をしています。
動作説明6 動作説明7