現在の位置

HOME 製品情報 なめらかR面取り機 > MSA-3R 自走式片面型

MSA-3R 自走式片面型

MSA3R型

概要

橋梁・鉄骨・造船用などの骨材として、使用される鋼板や添板の端縁にR面加工をおこないますと、塗料が均一に付き、しかも防錆効果に最適です

特長

  1. 従来の加工方法より、専用の超硬Rチップ付カッターを 使用しているので均一の、極めてなめらかな仕上げ面が得られます。
  2. 専用の超硬Rチップの採用により、簡単にチップ交換ができます。
  3. 鋼板の直線部に、手軽に取り付け加工できます。 一回の段取りで材料後端又は、ストッパーまで 自動走行加工を行います。
  4. 長いワークのR面取り加工には、自走式が特に効果的です。
チップ交換

性能仕様

諸元 仕様
面取りの種類 R面--R1,R2
C面--C1,C2
加工板厚 min 9mm-max 50mm
加工板幅 200mm以上(リブ高さ80mm以上)
使用カッター 3枚刃(右回転)
使用チップ 専用の超硬Rチップ(常備在庫)
回転数 2000/2400min-1 50/60Hz
切削速度 1275/1300mm/min 50/60Hz
電源容量 200V(3相)。0.8kvA
機械寸法 210x370x400mm
機械重量 16kg

注意事項

  • R2面取りの場合は、別売りの専用カッターおよびR2専用チップ に取り替えて加工していただくことになります。
  • C面取りの場合は、C1の場合はC1用専用カッター、C2の場合はC2用専用カッターと取り替えて頂き、C面取り専用チップ(C1,C2共通)をそれぞれのカッターに取り替えて加工していただくことになります。

加工例

加工例加工例