現在の位置

HOME 製品情報 固定式多軸アタッチメント K型 高剛性,高精度 丸型 > K型 特長と構造

K型 特長と構造

K型の特長と構造

type_k 特長

  1. ロアーボディ、中間ボディは治具ボーラーで加工し高精度で、剛性に優れています。

  2. 防塵機構の安全型になっています。

  3. ボール盤・ドリルユニット・タップユニットに適し、フランジ取付型もあります。

  4. 耳付き(ブラケット付き)も製造できます。

  5. 大径多軸には、宮川のユニットMDタイプ等に使用できます。

  6. ワーク別にヘッドを準備しておけば芯出しの必要が無く、クイックチェンジ機構をつければ容易にヘッドの交換が出来ます。

  7. 主軸ギヤー・中間ギヤー・スピンドルギヤーの伝達機構は、自在式S型やC型と同様です。

  8. 回転軸は。それぞれのボディに軸受けで完全に固定しています。

  9. ワークの穴群位置に、合わせて設計された軸受け部は、治具ボーラーで精密中グリ加工をしています。

  10. グリスを潤滑機構に採用していますが、ご要望によりオイルバス方式も製作いたします。

  11. ラジアルボール盤用の旋回修正装置R型にとりつけると、ドリルの穴位置の旋回修正が容易に出来ます。

  12. 増長軸を使って、刃先段差の増減が出来ます。
K型構造
K型取付機械