現在の位置

HOME 製品情報 自在式多軸アタッチメント R型 旋回補正装置式 > R型の特長と構造

R型の特長と構造

概要

type_r 特長
  1. 多軸アタッチメントの軸位置を旋回修正する装置です。

  2. R型は、ボール盤の機種毎に準備しています。

  3. R型には、多軸アッタチメントの各型式が取り付けられます。

  4. 位置決めピンによる割り出し用も特別注文品として製作します。
type_r_exmaple
type_r_struct 構造
  1. クランプハンドルの位置が、ワンタッチで替えられます。

  2. ご注文には、多軸アタッチメント用型式に旋回式とお申し付け下さい。
lever

R型の型式と取付機械

旋回式R型の取り付くラジアルボール盤
メーカー名 型式 主軸端 バランサー(巻きバネ調整式) BALANCER

ラジアルボール盤に取り付ける場合、ヘッドの重量に似合ったバランスウエイトを補ってご使用下さい。
大矢製作所 RE2-1300 MT-5
大矢製作所 RE3-1600 MT-5
大同機械 ガーターラジアル MT-5
オークマ DRA-J MT-5
オークマ DRAJ-2000 MT-5
オークマ DRB-E3000 MT-6
吉田鉄工所 YR3-1300 MT-4
新日本工機 RHH-25 MT-6
新日本工機 RHH-30 MT-6
池田鉄工所 RM-1300 MT-5
小川鉄工所 HOR-1500 MT-5
小川鉄工所 HOR-1700 MT-5
東亜製作所 TRD-950F MT-4
富永鉄工所 RH-1350 MT-5
富永鉄工所 RH-1650 MT-5
富永鉄工所 TRE-16 MT-5
若山鉄工所 NR-15 MT-5
上記以外のボール盤では、こちらを参考にお知らせ下さい。